目の疲れ

今年は特に自宅での生活が中心になって、スマホやパソコン、テレビなどを見る機会が増えたのではないでしょうか?

目が重い、かすむ、ショボショボする、瞼がピクピクするなどの目に慢性的な疲労を感じることを疲れ目といいます。目のピントを合わせる筋肉を酷使したことで疲れ目を引き起こすこともあります。症状が重いと頭痛や首、肩のこりなどを伴うこともあります。
ブログ画像
原因として、次のようなものがあります。
(1)目の酷使
パソコンやスマホ画面を長時間見続けたり手元で細かい作業を行っていると、目のピント調節を行っている筋肉が疲弊し目に疲れが出ます。その結果、瞼がケイレンしてくることもあります。

(2)自律神経の乱れ
ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量が減ることがあります。その結果、目の血流が悪化したり目も乾きやすくなります。

(3)ドライアイ(目の乾燥)
目を酷使したり乾燥した部屋に長時間いることで、目の表面を潤している涙が蒸発したり、分泌量が減って角膜が乾燥します。その結果、目のかゆみ、充血といったトラブルを引き起こします。

日常生活でできる対策として、
・長時間にわたって画面を凝視する仕事では間に休みをはさみましょう。時間があれば蒸しタオルをまぶたの上にのせて、目を休めると効率的に疲れを回復します。
・目の乾燥を防ぐために加湿器や濡れタオルを干して、室内の湿度を適度に調節することをおすすめします。
・また意識的にまばたきの回数を多くして涙の分泌を増やすようにするといいですね。

視界のかすみや頭痛など目の疲れ以外の症状が続いたときは、重い疾患が隠れている場合もありますので病院でしっかり診てもらうことをお勧めします。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP