枕の選び方

「 朝起きたら枕が頭から外れて、首、肩の調子があまり良くない 」 といったことはありませんか?
今日は「 睡眠中に起こる肩こり 」 について原因と対策をお話していきたいと思います。

(1)枕の高さが原因の場合
枕の高さが合っていないと、首や肩が過剰な負担を受けます。また自分に合っていない枕を使用していると首や肩の筋肉が疲労し、肩こり、頭痛、いびき、
寝違いのような不調を起こしますので、自分にあった枕の高さに調整していきましょう。

個人差はありますが、目安としては寝てる時の頭と床が平行になる高さが理想的だと言われています。まくらを高くして朝起きると首が痛いという方がいますが、それは床に対して、頭が斜めになっている状態で、首に対する負担が大きくなっています。

高さを調節するのに、高い場合は枕の中の素材を抜いたり、低い場合はタオルで調整できれば調整したいところですが、できれば最初からピッタリの枕を選べると楽ですね、下の図を枕選びの参考の一つにしていただければと思います。
(2)朝起きたとき枕から頭が外れてしまっている場合
朝起きたとき枕から頭が外れてしまっている人は血行不良になりやすい傾向にあります。
そもそも枕は就寝時に頭部をのせ支持するための寝具です。頭の高さを調整すると同時に寝返りを打ちやすくして、よく眠れる姿勢を作り出してくれます。

頭が枕から落ちてしまうのを防ぐには、枕のサイズを大きめにすると落ちにくくなります。
また柔らかい枕の場合、首が枕に沈み、圧迫感から逃れようとして落ちている場合も考えられるので、枕を硬くしてみるのもいいと思います。
(3)睡眠時、部屋の室温が低い場合
睡眠時の部屋の室温が低いと、体が冷えて血管を収縮させると同時に血行不良をまねき、筋肉がこわばり、寝ている最中の肩こりを誘発します。

対策としては、部屋の温度を一定に保てるといいのですが、朝が冷える季節などは寝る前にエアコンのタイマーを設定して部屋の寒暖差が大きくならないようにしてあげられるといいです。
以上「 睡眠中に起こる肩こり 」 について原因と対策でした。まだ原因として考えられることもありますが、それはまたの機会に書きたいと思います。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP